奈良生まれ。優しく厳しい奈良の山々と自然に囲まれ、瞬く星、天高い空、あたたかな月に育まれたillyの声
その透明感ある声に詞をのせ、情緒溢れ、輝きを放つillyの歌を日本に留まらず世界発信を目指し、日々疾走中

  • Twitter
  • Facebook
  • Ameblo

illy

2017 / 5 / 15 mon
ロクシタンカフェ

気になっていたロクシタンカフェ(*^^*)

コーヒーがポットサービスで出てきて、何だか嬉しかったです。
ポットの形も可愛い〜。
キャラメルマシュマロも、ほどよい甘さであっという間にペロリ(笑)

店内も明るくって、店員さんもとっても親切で、
またゆっくりおじゃましたくなるお店でした(*^^*)
2017 / 5 / 14 sun
エムズdeシネマ 『箱入り息子の恋』 『僕らのごはんは明日で待ってる』『ハルチカ』の市井昌秀監督

いよいよ!!
数日後の5月19日(金)に開催されます、”エムズdeシネマ”
今回は、
星野源さん主演『箱入り息子の恋』
「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔さんと、女優でモデルの新木優子さんが主演『僕らのごはんは明日で待ってる』
「Sexy Zone」の佐藤勝利さんと橋本環奈さんが初主演を飾った『ハルチカ』
などの市井昌秀監督にお越しいただきます*^^*

今回、上映する2本はとてもレアな作品*^^*
それぞれ、1本1本が大変面白く目が離せなくなります。思わぬところでほろりともさせられます。
さらに、2本続けて観ると、新たな感じ方が生まれることと思います。

上映後は、色々なお話を市井監督にゆったりじっくりお聴きしたいと思っています*^^*
お見逃しなきようお願いいたします!!!!!
ご来場、心よりお待ちしております*^^*

*******************************************


イベントスペース<エムズ•カンティーナ>で、この春スタートした新たな映画イベント”エムズdeシネマ”。ナビゲーターの神原健太朗とシンガーソングライターで女優の i l l y(イリィ)が、毎回1人の映画監督をお招きして、映画上映とトークショーをお送りいたします。今回は市井昌秀監督です。どうぞお楽しみに!

日時:
5月19日(金) 19:00 開場/19:30 上映/21:40 トークショー

上映作品:『あの女はやめとけ』(68分)、『地味なケガ』(56分)

トークゲスト:市井昌秀監督

ナビゲーター:神原健太朗、i l l y

会場:東京・世田谷「M's Cantina (エムズ・カンティーナ)」
   世田谷区上馬4-4-8 新町駒沢ビル 2F
   (東急田園都市線・駒沢大学駅徒歩1分)

料金:2,000 円 (自由席・1ドリンク代500円込)

予約&問合せ:「エムズ・カンティーナ」03-6450-8111 (留守番電話対応)

予約フォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S13353355/

----------------------

上映作品紹介:

『あの女はやめとけ』(68分/2012年)
監督・脚本・編集 市井昌秀(『無防備』、『隼』)
出演:牧野琢也 広木健太 内堀太郎 木乃江祐希 太田正一 池田薫 松﨑映子 木口妹 関寛之 佐川誠 野呂健一 及川莉乃 柴田美津子 下野雅史
撮影監督:関将史、撮影助手:伊集守忠 大川和徳、録音:宋晋端、助監督:平波亘
細川充由、ヘアメイク:寺沢ルミ、ヘアメイクアシスタント:山口はるか、
衣装:稲川理香子、特殊効果:加藤雅彦、特殊メイク:征矢杏子、制作:八木景子
二ノ宮隆太郎 佐伯龍蔵 鶴岡由貴、編集助手:佐伯龍蔵、スチール:宮沢豪
製作・配給:ENBUゼミナール、宣伝・配給協力:SPOTTED PRODUCTIONS

【あらすじ】クレーム対応係の土居ハジメ(32)は、会社に替わって顧客にひたすら頭を下げる毎日を送っていた。そんな土居の唯一の希望は婚約者の夕子と共に生きることであった。しかし、結婚式を一ヶ月後に控えたある日、突然夕子が姿をくらます。そして、その事実を知った小学校からの同級生・田村と手島は、失意の底に堕ちた土居を励ますべく、温泉旅行へ誘う。

------

『地味なケガ』(56分/2013年)
監督:市井昌秀
出演:伊藤麻美、井ノ川岬、木内彬子、重田裕友樹、杉木悠真、徳留秀利、西村美恵
あらすじ:大学8年生の男・杉木は、銭湯で転倒し肋骨にヒビが入る。微妙な感情の動きにも敏感に痛むケガを抱えながら、同級生の結婚祝賀会に参加する杉木。そこで、杉木はとんでもない事態に巻き込まれる…。

----------------------

監督プロフィール:

市井昌秀(いちいまさひで)
1976年4月1日生、富山県出身。俳優・柄本明が主宰の劇団東京乾電池を経て、ENBUゼミナールに入学し、映画製作を学ぶ。04年に、ENBUゼミナールを卒業後、初の長編作品となる自主映画『隼(はやぶさ)』が06年の第28回ぴあフィルムフェスティバルにおいて、準グランプリと技術賞を受賞。長編2作目となる『無防備』が第30回ぴあフィルムフェスティバルにおいてグランプリと技術賞、Gyao賞を受賞する。そして同年開催の第13回釜山国際映画祭のコンペティション部門にてグランプリ受賞、翌年の第59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門にも正式出品され、国内外から高い支持を得た。13年には、初の商業映画『箱入り息子の恋』が公開。
同年のモントリオール世界映画祭「ワールドシネマ部門」に正式出品。14年、日本映画監督協会新人賞受賞。15年、初のTVドラマとなる「十月十日の進化論」(WOWOW)を監督。同年、ギャラクシー賞のテレビ部門において奨励賞、日本放送民間連盟賞及び東京ドラマアウォード2015において優秀賞受賞。17年、監督・脚本を担当した『僕らのごはんは明日で待ってる』『ハルチカ』公開。

----------------------------
2017 / 5 / 13 sat
YAHOO!ニュースにも!

「第4回岩槻映画祭」で、
出演している映画「うつろいの標本箱」が招待作品として上映され、
上映日の20日は、
12:00〜12:25

15:30〜15:55
フリーライブを行います(*^^*)

YAHOO!ニュースでも配信されたそうです。
第4回岩槻映画祭は、さいたま市民会館岩槻にて行われます。
是非お越し下さい(*^^*)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00000045-minkei-l11
2017 / 5 / 12 fri

真夜中の製作中、
集中すればするほど、
度々かまって攻撃をしにくる愛猫さん(*´꒳`*)

めげない攻撃に、
今日も、負けました…(笑)
2017 / 5 / 11 thu
お差し入れ

この前、
お差し入れでいただいたお菓子(*^^*)

優しいお味に、
ホロホロな柔らかさ。
あっという間に空に(笑)

包装もオシャレ。
さすが、鎌倉ですね〜(*^^*)

ごちそうさまでした。